中古住宅を売却する際には、建物検査することをオススメします! | 藤枝市 焼津市 島田市周辺の不動産をお探しなら株式会社市川不動産にお任せ下さい。

藤枝市の土地、住宅、物件情報、売却相談・建物検査なら「市川不動産」ヘ!

営業時間9:00~18:00(定休日も予約して頂ければ案内・相談可) 定休日水曜・祝日

中古住宅を売却する際には、建物検査することをオススメします!

 売却する際には、売主さんの思うことは先ず高く売りたいことを良く主張されます。

それでは、どのようにして高く売るかです。たとえば、綺麗にする・お庭剪定・少しでも

お花を植えたり、色・色彩でも見栄えを良くする。室内においては、整理整頓も大切。

簡単なこととしては、玄関先の靴を揃えることなども良いですね。

 見学する方が、心地よく少しでも長く見学できる体制も必要です。私は、売却して

頂く売主さんには、できる範囲で、でも頑張って案内・見学して頂く準備をお願いしています。

 

 そして、最近の新たな・・・と言ってもだいぶ以前から有ったのですが、建物検査をして

売却する方法をご提案いたします。

 買う方の立場では、建物の床下はどうなっているのか?本当に水漏れや雨漏りはないどろうか

疑念を持っている方は少なくないと思います。比較的にきれいに使用されていたり、築浅の

物件では、検査してもそのような不具合や修繕必要箇所も少ないですが、言葉で説明したり

ただ良い家ですね~と説明するのと、建物検査をして、写真付で検査報告書を見て説明が

あるのでは、かなりの違いだと思います。

 建物検査とは、基礎のクラックがあるかどうか(あったとしても修繕可能かどうか・基準以内か)・

外壁・屋根・床下のシロアリ、給排水管の点検・傾きがあるかどうか、雨漏りなど有り無しなどを

目視や計測器を用いて専門家が調査します。

 

 私、市川不動産では、売るとき買う方には、この建物検査(ホームインスペクション)について

説明させて頂き、もちろんその価値をご理解頂ければ、実施をして頂くように努めております。

 なかなか、言葉で説明するにも難しいですので、個別に実際の報告書の例もご覧頂きまして

丁寧に説明させていただけれはと思います。

 

 売り側に良いと言うことは、買う側にも良いことです。買う側のメリットは、次回のブログで

ご説明します。

 

  また、写真のような建物検査関係の小冊子を差し上げておりますので、欲しい方・今後の

売却や購入する際のために研究しておきたい方は、ご来店下さい。

投稿日:2017/10/17   投稿者:市川 浩一朗