建物検査とは? | 藤枝市 焼津市 島田市周辺の不動産をお探しなら株式会社市川不動産にお任せ下さい。

藤枝市の土地、住宅、物件情報、売却相談・建物検査なら「市川不動産」ヘ!

054-646-2552

営業時間|9:00~18:00 定休日も予約して頂ければ案内・相談可 定休日|水曜・祝日

建物検査について

建物検査は、どんな検査をするのですか?
例えば、床下に入って給水管の点検、建物の傾斜、写真のように天井の点検から雨漏りの形跡があるか確認します。

 屋根・バルコニー・土台、床組・給排水管路・基礎

 床、壁、柱、金物・外壁・軒裏・開口部
 
 天井・小屋組・梁・・・

目視や鉄筋探査機、レーザーなどの機器を用いて検査していただきます。
売主様として建物検査を実施して、どんなメリット・もしかしてデメリットもあったりするのですか?
建物の検査には、検査料がかかりますが、全体としての経費としては、そんなに大きくない金額と思います。

 売主として、ご自身の物件の調査・検査結果を買主に対して報告するのは、考えてみれば当たり前と感じます。
しかしながら、不動産会社の私が言うのもどうかと思われるかもしれませんが、取引において、それをせずに
にしてお取引しても、何もなければ問題なしという感じで行われています。正直、我々不動産会社の者は、
建築の専門家ではありません。但し、いろいろな経験やトラブルの多い内容や注意すべき点は、心得ています
ので、私の過去のお取引の中でも、特に大きな問題はありませんでした。但し、ゼロでもありませんでした。

 そこで私としては、それを限りなくゼロにすべく、取り入れられる制度やサービス・チェック機能があるのなら
取り入れるべきとして、建物検査(ホームインスペクション)を推奨しています。

 専門の検査員が、建物の基礎のクラック(亀裂)の有り無し、傾き、給排水設備の確認、雨漏りの確認など、
します。当然、不備があれば、軽微なら修繕を売主負担でして頂きます。もちろん欠陥があれば、売却は
一旦停止するかもしれませんが、商品として安心して買主様に引き渡ししなければなりませんので、
検査結果を堂々と公表して良し悪し(悪い場合はその修繕費用を明確にします)を示して、取引とします。

 これをすることで、将来のクレームは、限りなくゼロになればと考えます。過去の事例ではこの検査結果を
お伝えすることで、価格交渉においても、これが価値となり大きな値引き交渉なくお取引できることにもつながる
と思っています。安心して買っていただくことは、逆に売主様にとっても同じことが言えます。将来、万一の
クレームが来てしまうことなどは、かなり軽減されるでしょう。
買主様として建物検査をされた物件を購入するメリットは?
検査結果に問題がなければ、一定の条件の物件の場合は、かし保険に加入できます。
引き渡し後から1年または5年間に発生した雨漏りなど不具合が生じた場合に、かかった
費用を1000万円まで保証されるものです。
 
 また、登録免許税の軽減や住宅ローン控除の対象もあり、かかる経費から見ても(費用対効果)
とても、良いメリットがあります。

 注意点としては、中古住宅の場合は、検査結果において、ある程度の検査結果おいて、不備が
ある場合が多いので、思うようにこの制度を利用してみての結果が、満足いかない場合もあります。

 もし、検査結果によって、かし保険に加入できなかったり、ある程度(重大な欠陥でない場合)
の結果においても、納得して購入するならば、しっかりと説明を受けて購入するならば、将来、
トラブルにはなりにくいですし、買主として、そのメリットは充分にあると思います。

 但し、今の不動産取引において、この建物検査(ホームインスペクション)は必須条件でないこと
は、皆様に知っておいていただきたいと思います。
 
 私としては、必須条件になっていくべきと思っています。
検査するのに費用は、どの位かかりますか?
それは気になりますよね!先ずは、私が訪問させて頂きまして、
簡易点検をします。そして、かかる費用をお伝えします。
 一級建築士でかつこれらの検査士として登録されている専門家が
伺いますし点検する時間も2時間前後はかかりますので、それ相当
な費用がかかることは ご認識して欲しいと思います。

 担当する会社・コース・により多少は異なりますが、
ひとつの例として、56160円 となっています。
 内容は、建物検査、シロアリ検査 です。

 なお、今後いろいろな業者の参入や 検査報告書の方式
なども色々と出てくると思いますので、検査料や弊社として
推奨する検査会社も変化してくると思いますので、ご依頼が
あるごとに検討しながら、実施のお手伝いをしていきたいと思います。

 とにかく、検査をして、何もなければ良いのですが、あった場合でも
どこをどのように修繕すれば、買い手さんに納得して売却できるのか
が大切と考えております。

 検査合格のお墨付きで 売却 を致しましょう!
建物検査やその後に加入できる「かし保険」の対象部分は?
検査箇所は、かなりの箇所になりますので、個々には書きませんが、
基本構造部分としては、基礎・土台・床版・壁・柱・屋根・外壁・
給水管路・シロアリ点検など・・・
 
 『一番大切だと思うのは、売り前・買う前にわかること』
建物検査(ホームインスペクション)のメリットは?
検査の合格が前提ですが、
ズバリ、住宅メーン控除と登録免許税の軽減措置です。

 写真の内容からは、わかりにくいと思いますので
ぜひ、直説お話し・ご説明ができればと思います。

 知っていると知らない、実際に実施するとしないでは
大きな違いがでると思います。