買取りと仲介方式の違い? | 藤枝市 焼津市 島田市周辺の不動産をお探しなら株式会社市川不動産にお任せ下さい。

藤枝市の土地、住宅、物件情報、売却相談・建物検査なら「市川不動産」ヘ!

054-646-2552

営業時間|9:00~18:00 定休日も予約して頂ければ案内・相談可 定休日|水曜・祝日

売却 買取と仲介の違いは?

不動産の売却を考えていますが、買取りとはどんなことですか?
買取だと安くなってしまうってなぜ?
どのような方、どのような場合に良い方式ですか?
買取りとは文字通り、不動産会社が買取りをするものですが、
仲介との一番の違いは、価格と言ってよいでしょう!

それは、仲介の方式の方が、高く売れる可能性が大です。
 
 不動産会社が買うということは、将来その不動産会社が
その物件を再度売却することということです。ですから、
不動産会社が、その利益を取るためには、その分安く買わ
ないと赤字になってしまいますから、その分を安くして
買わせていただくことです。
 その利益以外にも、登記費用・印紙代・借入すれば
金利・税金・広告経費・人件費などがありますので、
当然ながらそうなってしまいます。

 どんな方が利用されていると言うと、借金で差押が入っていて、返済の目処が立たない。
また、ローンの返済が滞っていたり、返済が大変で将来が心配な方など、お金関係で 急ぎで換金を
したい方や そうせざるを得ない方。

 大きな土地等の売却の為、一般の方に売却するには、大変だったり、多少なり安くなったとしても、
急ぎを重視する方。売却中物件でなかなか売れない方。
 
 とくに、大きな土地、面積で言うと150坪、300坪とかになりますと、一般の方では、
大きすぎて買えないことになります。一般の地主さんが、分譲地として販売するのは、宅建の業法
違反になりますので、不動産会社が買い取って、分譲地にすることは多くあります。

 相続などの納税資金(相続開始後10ヶ月後には納税しなければならない・・)で、急ぐ方。

 転勤で県外や海外などに行ってしまうため、手続き上、高く売るより早くを重視する方。

 理由は、私の経験上や一般的なところを上記で書きましたが、いろいろと理由があり、納得して実施されていると思います。

 急ぐが良いという考えで、仲介方式で、何ヶ月先に売れるか分からないなら、ある程度の金額で買ってくれるから、待つよりすぐを重視する方。もし、仲介で3年もかかって、現時点での半値になってしまうなら、現時点での3割減のほうがお得という考えもあったりします。

 最後に、一番大切なところは、納得して実施してしいと言うことです。なんとなくそうなってしまって、断りきれず買取りをお願いしたとか、後から考えてみたら仲介方式の方が、良かったと言うことにならないようにしてください。

 査定において、仲介の場合の査定金額と買取の場合の査定金額の両方を出すことか可能です。しかしながら、買取不可の土地もありますので、まずは、ご相談からはじまりますし、一緒に考えながら進めることや、借入で金融機関との話し合いが前提であったりする場合もあります。
 
 いずれにしても、納得して売買方式を選択していただきたいと思います。
仲介方式での売却のメリット・デメリット
どのような方、どのような場合に良い方式ですか?
買取りは、前記のとおりですが、仲介での一番不確定なものとしては、売却までの時間です。
いつ売れるかは、わかりません。但し、我々不動産会社の経験や人気地やたまたま求めている方が
いて、すぐに商談になるような場合は、すぐに売却できるかもしれません。もちろん、売却が
厳しいとされる地域でも、隣家の方が買っていただき、即成約もあります。

 と言うことも有り、価格査定では、3ヶ月~6ヶ月程度で売却できる見込みで査定していますし、
厳しい地域では、私的には、それなりのアドバイスやその厳しい目線での査定価格も出すことも
致しています。

 買取と仲介でどちらがいいかは、人それぞれ・物件ごとに違いますが、一般には、仲介と言っています。
一番大切なことは、前記でも書きましたが、良くお話し合いをして、お互いに納得して依頼するし
依頼されることと考えます。